芸能人を参考にする

普通のファンデーションでも、もちろん塗り方によったら目立たなくすることは十分可能です。

私自身は化粧がそれほどうまくないので、皆さんのファンデーションの仕方ではうまく隠しきれないというのもありますし、ニキビのできる規模も、またニキビの種類によっても全然そのファンデーションつけ方が変わってきますもんね。

 

でも、特に参考にすべき点があります。

それは何かというと、芸能人です。

芸能人がテレビに出るときは必ずしっかりとファンデーションつけて化粧しているはずなんです。

全てが全てきれいな肌なわけがないでしょう。

ニキビができて汚い肌の方も少なからずいるわけです。

例えばタバコ吸っていたり、不規則な生活している方などがいると思われます。

そういう人がきれいな肌でテレビに出るということは要はそれだけファンデーションの使い方が上手いということでニキビを目立たなくするお化粧の仕方がうまいということですよね。

そういう人のテクニックみたいなものを学んでいくのも大切かなと思ったりしています。

今勉強中ですのでそういう方があるんだということをアピールできないのが口惜しい点なのですが、これからどんどんとアピールできたらいいなと思っています。

 

ニキビというのは本当に厄介なものですので、しっかりとお化粧などで隠したいところですが、ニキビをできるだけなくしてしまうそういうことも大切ですよね。

普段の生活を見直したり、食生活を見直したりするなど、日頃の行いが大切だなと痛感します。

大人ニキビになっても日頃の行いが大切ですよね

 

 

この投稿は2016年5月29日に公開されました。

リキッドファンデーションを使う

ニキビを目立たなくするために、ナチュラルメイクを心がけるということをこの前書きました。

ナチュラルメイクは普段から心がけているのだけれども、それをするとニキビが目立ってしまうといった不都合を感じた人もいるでしょう。

化粧品として使うものが違ってしまうと、どうしてもにきびが目立ってしまうのです。

そこで有効な化粧品としては、リキッドファンデーションを使うと良いでしょう。

最近ではこれを使うことによって正しくナチュラルメイク。

夕方までしっかりとその化粧が落ちずにのこるのですからすごいなと思います。

という事はニキビができていたとしても周りの人たちからそのニキビの存在についてばれることありません。

ナチュラルメイクですので、化粧していることすらも分からないぐらいですから。

でも出来る限り、普段はスッピンにしてニキビをなくすようにしっかりとケアを心がけるようにしましょう。

それをすることによって初めてニキビを目立たなくするためのリキッドファンデーションが生きてくると考えていきましょう。

またリキッドファンデーションがあれば十分だと思うのは早計です。

かなりキツイものだと思ってほしいのです。

肌にかなり刺激を与えることや負担をかけるという意味では良くありませんので、このリキッドファンデーションを使うときというのは、万が一の時だと考えておきましょう。

悪いわけではないのですが使わない方が絶対に良いのです。

 

ニキビができている人に対してはということです。

この投稿は2016年5月29日に公開されました。

ナチュラルメイクを心がける

ニキビを目立たなくすると言うポイントについて前回書きましたが、お化粧について勉強中ですので気づいた点というか驚いた点についてここで示したいと思います。

目立たなくするということは化粧をするという印象が強いのですが、実際のところ驚くべきことに、ニキビを目立たなくさせようと思えば思うほど、化粧を薄くしなければならないということです。

つまり前回にも説明しましたが、鼻や口元よりも目立ってはいけないのです。

ということは化粧で何かを隠してますっていうインパクトは、相手に与えるのは御法度だということです。

できるだけ化粧はナチュラルメイクにし、普段の肌の状態と同じ形にします。

そういう化粧を心がけるようにしましょう。

赤く腫れあがっている部分は出来るだけその赤みを抑えるように普段からケアをしていきます。

また赤以外に黄色や紫などの色になっているニキビを作ってしまった場合も、同じように対策を立てていきます。

出来るだけ肌に近い色に持っていくことがポイントです。

そこまでの努力を重ねた後、初めて化粧するという手順を考えていきましょう。

最初から何もしないでいきなり化粧で隠すというのがいちばんいけません。

肌に悪いのもそうなのですがやはり相手に非常に悪いインパクト与えてしまいます。

私はニキビ面です、と言わんばかりの化粧になってしまうからです。

ナチュラルメイクを心がけるためにはどういった対策を立てれば良いかって事が次の課題となってきます。

まずは上記のような事をしっかりと意識付けるようにしましょう。

 

この投稿は2016年5月28日に公開されました。

考えなければならない2点

下地をしっかりと整えていくことについて前回お話ししました。

目立たないようにするためにやらなければいけないこととして述べたのですが、その下地を整えて行くまでの間に、やはり化粧し出かけなければならないことってありますよね?そのためにもやはりこのブログのタイトルである「目立たなくする」ということについて記していきたいと思います。

人の顔をよくよく見ると1番目立つのはなんといっても鼻です。

鼻の部分以外で目立っていくものというのは、意外と口元や目元などが次に気になるところです。

つまり目立っている部分が相手に対して1番インパクトが強く、目立っていないところは相手に対して別にそれほどインパクトを与えるわけではないってことかわかります。

となるとニキビが目立つのは何故かと申しますと、鼻や目や口よりも赤く腫れあがっている状態のところで、それが1つでもあればそこがアクセントとなって目に付きやすいということになります。

これが1つのポイントとなるので考えなければならないのは2つです。

1つはその赤みを抑えるということ。

もう一つは今目立っている鼻の部分をできるだけ強調するようにすればいいのです。

具体的にいいますと、鼻筋のラインをしっかりと化粧を厚めにしてインパクト与える。

そして赤く腫れ上がってるニキビのところはポイントとしてコンシーラーなどで隠す。

こういった形をすればメリハリがついて相手にもわからないような目立たない化粧となってくると思いませんか?

この投稿は2016年5月28日に公開されました。

下地をしっかりと整えていくこと

コンシーラーを使う場合でもそれはあくまで女性のことですので、男性の場合はすべて同じようにするわけにはいきませんから、なかなか厳しいでしょう。

女性でも男性でもできるようなものがあれば、お化粧してにきびを隠すというのも有効になるかもしれません。

常日頃から簡単にできるという点においても、お化粧においては大切なポイントとなってきます。

こういった時にどうするかというと、皮膚科に行って今のお肌の状態をできるだけフラットにしてもらう。

でこぼこの状態をなるべく平らにしてもらうという作業をするといいかもしれません。

つまり化粧する前の下地の状態をしっかりとケアするということです。

ニキビのある部分が平らになっていけば、化粧のノリ方が違ってくるでしょうし、逆に化粧をし忘れた部分でも、それほど目立つわけではありませんね。

ニキビができている部分をきれいにしようと思い、化粧をすればするほどひどい状態になってしまうのは想像ができるはずです。

まずは皮膚科に行って今の状態を出来る限り良い状態にしてもらうようにしましょう。

薬で対戦できる場合はそれでも構いませんし、レーザー治療など最新式の治療を受けてきれいにするならそれでも構いません。

しっかりと対策を立てて、下地を綺麗にするように心がけていきましょう。

これにすれば化粧に対するいろいろな方法でもうまくいくはずです。

これからは男性女性に関係なく肌をよくするということですので、画期的だと思われます。

この投稿は2016年5月28日に公開されました。

次への課題として

コンシーラーを使ってニキビ跡を埋める作業について前回は説明しました。

ニキビが気になる人にとってはコンシーラーを使うことによって、隠すことができるので重宝している人も多いでしょう。

コンシーラーを使うと確かにニキビ跡については効果があるかもしれませんが、現在できているニキビを目立たなくするという意味では、コンシーラーはちょっと疑問が残ります。

隠すと言う形で言うと、確かに埋める作業にはいいのかもしれませんが、出ているものは隠す事できません。

赤く腫れ上がっているニキビを普通の肌の状態のように見せるということができるかもしれませんが、その盛り上がっているの目立たなくするというのには限界があります。

綺麗な肌のような見せた形で実はでこぼこになっている余計に目立ってしまうということも考えられるからです。

メリットも確かにあるのですが、デメリットの点についてもしっかりと抑えないといけないですね。

実際のところ今出来ているニキビは盛り上がっていたり赤く早かったりしているので、そこの部分をコンシーラーで隠そうと思えば、限界が感じるはずです。

つまりここでのテーマであるニキビを目立たなくするブログとしては、コンシーラーには無理があるということなのです。
しかしながら、使えるところはしっかりとつかって、後はその限界部分を違う形で補っていけば、しっかりと有効に働くということです。

ここについてしっかりと勉強していきたいなと思っています。

この投稿は2016年5月28日に公開されました。

埋める作業から。

ニキビを目立たなくする方法についてはさまざまなご意見があります。

それぞれが独自のやり方で、かつ結果をだしてきた証ですから、

否定するつもりはまったくありません。むしろ積極的に根拠を考えて正当化したいとさえ思っているのです。

さて、「目立たなくする」、これはあえて消すことよりも大変な作業ともいえます。消すほうが楽かもしれません。

目立たなくするというのはその反面、その隠してる状態をなくしてしまえばもとのニキビができている状態が現れるわけですから。

ですので、私自身の考え方としては、単純に消してしまうだけではなく、「そのできているニキビをできるだけ抑えたり、なくしてしまう方法で

治療している途中で」、その過程でできるだけ目立たなくしたい、そういう考え方を持っている人をバックアップするようなお化粧の仕方を

ここでお教えしたいと思っているのです。

まずは基本中の基本のコンシーラーです。

コレをうまく使うことがポイントとなるわけです。

でも、何でもかんでもコレをつかえばいいのではありません。

目立つニキビ痕をしっかりと隠す。そのためにはピンポイント式のものを使うようにします。

また痕になっているところでも、それほどへこんでいないところや軽症のところは避けましょう。

あくまでポイントは「ひどいところ」です。

ある程度うめればそれだけでも顔の印象は違います。

もし顔にトレードマークのほくろがあったらそれを隠してみてください。

顔の印象が変わりますよね?そんな感じです。

こんな感じで進めていきます。

この投稿は2016年5月3日に公開されました。

ニキビを目立たなくするお化粧について

ニキビを目立たなくするお化粧について。

これについて今回から色々見ていきたいと思います。

ニキビができている人は絶対と言っていいぐらい、ニキビを目立たなくするという努力はしているはずです。

特に、女性の場合はお化粧で隠したり、コンシーラーで埋め尽くしたり、いろいろな方法によって、ニキビを目立たなくするように切磋琢磨しているはずです。

そして現に、ニキビを目立たなくすることに対して成功している方もいるでしょう。

それならそれで良い、と言いたいところですが、実はそれは間違った方法でニキビを目立たなくしているのかもしれません。

その時はそれでいいのかもしれません。

だって目立たないのですから。

しかし長いスパンで見た場合、肌を痛める結果にもなりますし、ニキビ自身がもしかしたら減っているというよりも増え続けている可能性もあるからです。

目立たなくするということは、将来的にはニキビが顔からなくなるような形にしないといけません。

ケアをしながらニキビ対策をしていく。そういったお化粧の仕方を学んでいかなければいけないのです。

そこで今回からしっかりと女性の皆様にニキビを目立たなくするお化粧について勉強していこうと思っています。

もちろん私自身も同時に勉強中ですので、まだまだ勉強不測というよりかは、進行中だという形で受け取っていただけるとありがたいのです。

一緒に学びながら切磋琢磨し、ニキビを目立たなくし将来的にはニキビを消すような作業を一緒にやってみませんか?

 

 

 

この投稿は2016年5月3日に公開されました。