アーカイブ | 5月 2017

ちょっとしたアイデア

ほくろの多い人がなぜホクロが多いのかといいますと、顔の白さに対してほくろの部分が目立つからだということを聞いたことがあります.

ということは、ニキビが赤くなっているときは、顔が赤くなったり、

黄色ニキビができているときは黄色の、白っぽいときには白色の、というように目立たないとなるので、そういった感じのファンデーションを少し塗ってみると、良いかなと思ったりします.

ニキビをなくすのではなく、周りをできるだけニキビに近付ける。

そういった対策も面白いと思います.

ただこれはあくまで苦肉の策でして、ファンデーションを厚くするのはそれだけ毛穴をふさいでしまうということになりますので、

あまり良い対策ではないなと思ったりします。
しかしニキビを改善するあいだ、としてもそのような方法ならなければいけないこともあります。

ですので、こういうことも一つ覚えておくと選択肢の一つも増えるということになりますので、意外と有効かもしれません。

が、赤い顔にするとか黄色い顔にするとかというは何だかふざけた感じがしますが、ファンデーションで肌の色をできるだけ近づけるというのは、なかなか面白いと思います.

ちょっと火照ってるような感じであったり、もしくはと夕日が照りつけているような感じであったりとか.

そういう感じでイメージするといいかもしれません。

考え方を少し変えたり、工夫をしたりするとだいぶかわってきますよ。ちょっとしたアイデアです。

この投稿は2017年5月28日に公開されました。

日焼けサロンに行く。

目立たなくするという方法として、コンシーラーを使ったりたり、化粧を使ったりなどいろいろな方法があります.

しかし、例えばですが、日焼けサロンに行ってできるだけ日にあたるという方を行なえば、顔全体が黒くなりますので、ニキビのような状態のものは目立ちにくくなりますね.

究極の方法かもしれませんが、これも一つの方法だと思います.

ひやけをやってみると確かにニキビは目立たなくなりました.

これいい方法だなと思っていましたが、にきび以外にもいろいろないい効果も。

健康にもいいんですよね。

でも反面、紫外線をもろにうけるみたいなものですので、ニキビではなく肌自体にはよくないなあと感じました.

保湿成分をしっかりと含んだ物も使うようにし、できるだけ肌も潤うように心がけています.

しかしこれがかえってニキビにとって好都合なのか、余計にできてきて泣きそうです。

目立たなくしようとしてきたものがかえって目立つようになってきたというか・・・。

やっぱり日焼けサロンで日に焼けるという事は確かに目立たなくなるもののその反面、ニキビができやすくなってしまうから失敗したのではないかと思いました。

赤外線の当たるのとは違って紫外線の場合はあまり関係ないのかななんて思ったりします。

やっぱり普通にオーソドックスな対策が一番いいのかもしれませんね。

でも、こうやっていろいろ試行錯誤するのはアリだなと感じるようになりました。おもしろいですもの。

この投稿は2017年5月27日に公開されました。

化粧だけで隠すのはどだい無理

火山の中でも死火山や活火山というのがありますが、休火山というのもありますよね。

もしニキビが活火山の場合なら、これを押さえ込もうと思ったら大変なことだと思いますが、

休火山などの場合は、所謂目立たなくする方法も考えられることだと思います。

ここに着目したのですが、ニキビをできるだけ膿みを持たさないようにするために食べ物など気をつけることや生活習慣を気をつけることが大事だと思います。

つまりそろそろにきびができかけてきたなと思った時に、できるだけそれに膿みを持たさないようにする。

そのような体制を整えることができるのが良い状態です。

コレが目立たなくなるほうに繋がっていくんだと思います。

活火山のように今一番盛り上がってるところを化粧などでカバーしようとしてしまうと余計に悪循環だと思います。

悪いところにふたを閉めるみたいな感じになるのです。

空気が通らない分余計に悪くなりますし、カバーをする分そこに細菌がたまって、さらに悪化することも考えられるからです。

休火山ヤ死火山のような場合は、これ以上目立たなくさせるための方法はいくらでもあると思うのですが、今現在生きているものについてはなかなか抑えようがありません。

ですので、できるだけ活火山の状態を減らすような努力を、食べ物でも生活習慣でもいいので、

行ってなければいけないという事に繋がってきます。

化粧だけで隠すのはどだい無理だという発想でないと、これはなかなか実現しないような気がします。

この投稿は2017年5月23日に公開されました。

長所をうまく生かすようにすれば。

芸能人のお化粧の仕方が参考になるといいましたが、その中でも特にオネエ系の方々が一番参考になると思います。

理想の姿が彼女たちの化粧の基本で分かります。本当に参考になります.

やはりもともとは男性の方ですので、ニキビなどの汚い吹き出物が出た時にどうやってカバーをすればいいのかということを1番よく理解するのが彼ら達なのです。

女性の場合のニキビと男性のニキビとそれほど違いがないと思うのですが、肌のきめの細かさとかはどうしても男性の場合は女性よりも劣ってしまいます.ですので甲いう時のカバーの仕方について一番神経質になり、詳しいのはこういった方々なのです。
そういった人たちにどうやってうまく化粧しているのか、ニキビを目立たなくするやり方はどうすればいいのかということを聞いたとき、本当に目からうろこです。珠玉のような言葉が出てきます.

なんと、隠すことを意識するのではなく、また目立たないことを心がけるのでなく、他のところを目立つようにすればいいのよ、と。

つまり、例えば目が小さいからといって化粧で大きくするのではなく、メリットの鼻の部分を強調することによって、相手の視線を鼻のほうに持って行き、目の小ささとかは気にしないようにするのです。また気にならないはずです.

そのような感じで自分にとってコンプレックスがあるところを隠すのではなく、

他のところの長所をうまく生かすようにすればコンプレックスを隠せる・・・そういった発言をしているのです.

なるほどなと感じるでしょ。

この投稿は2017年5月7日に公開されました。