ちょっとしたアイデア

ほくろの多い人がなぜホクロが多いのかといいますと、顔の白さに対してほくろの部分が目立つからだということを聞いたことがあります.

ということは、ニキビが赤くなっているときは、顔が赤くなったり、

黄色ニキビができているときは黄色の、白っぽいときには白色の、というように目立たないとなるので、そういった感じのファンデーションを少し塗ってみると、良いかなと思ったりします.

ニキビをなくすのではなく、周りをできるだけニキビに近付ける。

そういった対策も面白いと思います.

ただこれはあくまで苦肉の策でして、ファンデーションを厚くするのはそれだけ毛穴をふさいでしまうということになりますので、

あまり良い対策ではないなと思ったりします。
しかしニキビを改善するあいだ、としてもそのような方法ならなければいけないこともあります。

ですので、こういうことも一つ覚えておくと選択肢の一つも増えるということになりますので、意外と有効かもしれません。

が、赤い顔にするとか黄色い顔にするとかというは何だかふざけた感じがしますが、ファンデーションで肌の色をできるだけ近づけるというのは、なかなか面白いと思います.

ちょっと火照ってるような感じであったり、もしくはと夕日が照りつけているような感じであったりとか.

そういう感じでイメージするといいかもしれません。

考え方を少し変えたり、工夫をしたりするとだいぶかわってきますよ。ちょっとしたアイデアです。