アーカイブ | 8月 2017

プロのきく

自分でできるだけ隠すための

化粧することをいろいろ情報を集めてみると、

どうしても限界を感じてしまいます.
自分の化粧でやっぱり、

持ってる能力というのがあって、

それを生かすのも限界があると思います.

世の中には、メイクをしてくれる人がいるわけで、

そういうひとの技術というのはやっぱりすごいと思います.
私は別にメイクの専門学校の出身でもなんでもないので、

それで隠すとか、

きちんとしたやり方というのは

独学ででやっているだけですから、

きちんと勉強している人から

メイクの技術を教えてもらうのが1番いいのかもしれません。
そこでいろいろ調べてみると

メイクを仕事としている者に話を聞いてみました.
これは本当に良い機会になりました.
話してみると、有名な人のメイクをしてそのひとがテレビ出る時に

どうやってできるにきびをかくすか、

どうやって肌荒れを治していくかと

いうことだけに専念することもあるそうです.
私たちが普段使わないような化粧品を使って

隠すことがあるらしいので、

これはあくまで秘密事項ですがひっそりと教えていただきました.

普段の生活ではなかなか取り入れることできませんが

小屋って隠しているんだなということを

勉強できたことはよかったなと思います.

この投稿は2017年8月28日に公開されました。

前回の続きから分かること。

先日書いた風船の理屈ではありませんが、

やっぱり肌の張りというのはとても大事なんだなと。
これがあれば

逆に言えば

ニキビができても十分にカバーができる.

本当にそう感じます.
ということはお肌のハリがない.

だから余計に汚らしく見える
ということなんでしょうね.
青春のニキビと言いますが、

やっぱり肌の悪い人は

どこか肌のハリがないような気がします.
これはあくまで自分基準にして考えているから

そう思うのかもしれません。
やっぱり肌のハリがある人がいたとしても、

気にならないのかもしれません。
となるとやっぱり、

肌が生き生きとすることが大切なんだなって

事がわかります(
目立たない化粧をすることも大事ですが、

その基盤となる、

もしくは土台となる肌がきちんとしていれば、

なおさら化粧で隠すことも可能だということがあります.

なるほどなと本当に思いますね.
肌を良くすること.

肌を綺麗にする事いろんなことが

課題としてある事がわかりました。

いい勉強になります。

この投稿は2017年8月27日に公開されました。

ふうせんの理屈

ニキビを目立たなくするお化粧についてですが、

じつは最近面白いもの見つけました.

それはなにかといいますと、

ニキビを隠すというその前提として、

お肌にハリをだして、

そこに化粧をすることで隠してしまおうということでした.
イメージとしては、風船を膨らました状態だと

ゴムがピンと張っている状態ですよね.

そこにどんなものを塗っても

綺麗になれると思いませんか.
しかしそれがしぼんでしまっている風船だと

思うようにすることはできないと思います.

それと同じような感覚なのです.
つまり肌の状態が悪いのをできるだけきめ細やかな

しかも潤いのある張りのある状態に

したらもう勝ちですね。

どんな化粧をしてもニキビを隠すことができるというものでした.
よく考えてみると、

ニキビというのは肌が凸凹な状態にしているようなもの。

でもそれを平らにする.

そこに化粧するということで、

かくしてしまっているは理屈としてあっていますものね.

なるほどなと思いました。

しかしそれがなかなか現実的にやろうと思うのは

難しい事ですので、

現実に変えたというのは、

賞賛に値するなっと思いました.

この投稿は2017年8月26日に公開されました。

ニキビをいかになおしていくか

ニキビができたな

らそのままほっておく。
その後は

ニキビ跡になっていることと思います.
そこから重い腰を上げて

こういった処理をしていくんだと考えた人もいます.

やっぱり性格的な問題が出てきますよね.これって。

おそらく一番わかり易いかも。
ニキビ跡を作ってからでは遅いのでニキビができた時に

しっかりと対処しようという人。

ニキビができてからでは遅いではないかということで

ニキビができ始めそうになった時

もしくはまだできていない状態で

何とか処理できたらといろいろいると思います.

また両親がニキビがよくできていたって話を聞いて

自分は将来そうなるだろうと思い、
さっさと小さい時から

対策を立てているという人もいます.
そういう人たちの意見は

私の方のブログでは参考になりません。
だってタイトルを見てもらったのですが、

ニキビを目立たなくするために

どうしようということですから.
できてしまったニキビをいかになおしていくかをこれからも調べていきたいと思います.

この投稿は2017年8月15日に公開されました。

勉強中という立場。

勉強中ですと考えてみた.

考えてみて

私は勉強してるのだから.

立場的には学生と同じなんですよ。立場的には。
まあ、どう見ても学生という感じではないんですけど・・・かなしい。

れっきとしたおとなになり、

あつかましくなった女性となっておりますけど、

今勉強中なので学生という形で進めていきます.
それはさておき、

なにがいいたいかというと、

お化粧についてはまだまだ半人前だということ.
今までもいろいろ調べてみたけど
それすらもまだまだ大人になりきれない子供と一緒
ということで、

自分が学生であるということで

教えてもらえる人が大人であり、先生であるということですので、
いろいろなところで、聞きまくってみました.
もちろん何を聞こうかっていうのは、
ニキビ跡があって目立たなくするのかということです。
当然のことながら、取材という形で

いろいろなところに聞いてみると、

快く受けてくれるところ。不思議がることがあったりなど。
この不思議がることというのは、

私の学生という立場上聞きたいということに対してです。

「こんなおばちゃんがなぜ学生なのか???」

みたいな感じでジロジロ見られます.
この方向についてはまた、次からいろいろ書いてみたいと思います。

参考になるかどうかわかりませんが、

いろいろと聞いてきたので、

そこから知り合って行こうかなと思っています.

役に立つのかどうかは別ですが、

ことによったら、何かしら発信できると思うので、よろしくお願いします.

この投稿は2017年8月15日に公開されました。